日本オーガニックコットン流通機構は、オーガニックコットンの普及を目指す特定非営利活動法人です。化学物質過敏症の方々や、アトピー症の方々への情報提供や支援活動をしています。
投稿

2012

放射能の害から身を守る“たべもの”

以前、オーガニックセラピストの養成機関(社)国際オーガニックセラピー協会のイベントに行った時に、医師の辻直樹氏の講演がありました。演題は「放射能の害から身を守る食べ物」ということで、先の福島原発事故以来、誰でも心配してい …

世界的なアパレル企業H&MがPFCの使用を止めるという PFCってなんだ!

PFCはPerfluorinated Compoundの略で「過フッ素化合物」のことです。 H&M社(スウェーデン)は、この化学物質が、地球温暖化などの環境を害し、人の健康を傷めるとして使用の禁止を9月4日に宣言 …

殺虫剤・農薬の怖さを知ってください!

農薬の殺虫剤は、戦争の兵器として使われたりして殺傷力を進化させてきています。 害虫は世代を重ね、抵抗力をつけるので、益々毒性を強化する研究が続けられています。 近年では、とうとう遺伝子レベルまで手をつけて、命の仕組みその …

グリーンピースが突きつけた繊維の環境汚染問題

<デトックス・ウォーター・キャンペーン・水質改善運動> 「デトックス」という言葉は、ずい分前に女性の間で新しい美容法のように流行りました。 身体の中の不用物を排泄してすっきり健康になるという便秘解消くらいの記憶しかありま …

取り合えば足らず、分け合えば余る

食料危機? 1940年から1960年にかけて、来るべき人口爆発に備えてとして、食料増産計画が進められました。 「緑の革命」と名付けられた、この増産計画は、化学肥料、農薬を大量使用する産業型農業への転換でした。 この革命の …

地球人いかに生きるか 100の知恵

SUSTAINIA 100 solutions 持続可能施策100項目 21世紀になって12年が過ぎました。 振り返ってみて、改めて我々人類が正しい方向に進展しているのか、問うた時、改善している面があるものの、大勢は遅々 …

roomsというファッション展示会

9月13日、残暑で燃えるような日差しを浴びて、会場の国立競技場 第一体育館に向かいました。  原宿駅から明治神宮の正門前を通り過ぎて横断歩道を渡ると巨大な巻貝のようなあの建物が見えてきます。 日本を代表する建築家 丹下健 …

Silent Spring

「沈黙の春」が出てから50年 もう一度読んでみませんか! 半世紀50年前はどんな時代? 今から50年まえの昭和37年、寅の年。(1962年)。 この年は、いくつもの歴史的な出来事が起きています。 時まさに米ソ冷戦時代で、 …

RIO+20 国連持続可能な開発会議について

今年6月にブラジルのリオデジャネイロで行われた地球サミットについて、日本のテレビや新聞・雑誌などマスコミは冷淡で、玄葉外務大臣が参加したことを報じただけでその内容について説明することもなく、批判的に扱っていました。 有効 …

Theory Of Constraints・制約条件の理論

凄い理論があった TOC (Theory Of Constraints・制約条件の理論) イスラエルの物理学者エリヤフ・M・ゴールドラット博士が、昨年6月に亡くなりました。64歳という惜しむべき年齢でした。博士は、生産効 …

1 2 »
PAGETOP
© NPO・特定非営利活動法人 日本オーガニックコットン流通機構