日本オーガニックコットン流通機構は、公益を目的とした特定非営利活動法人で、東京都庁の許可を得て業務を行っております。社会的な意義の高いオーガニックコットンの普及を通じて自然環境を守り、苦境にある綿花生産者を支援し、消費者への信頼できる安全な製品が供給されるよう活動しています。当方の認定製品の安全性は、アトピー・化学物質過敏症の方々への対応にも活かされています。
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • オモタメ(面白くて為になる)情報

オモタメ(面白くて為になる)情報

その二 森を壊すことから文明が始まった

森林について考えるシリーズ その二 森を壊すことから文明が始まった 今から5000年前、現在のイラクのあたりにメソポタミア文明が栄えました。 人類最古の叙事詩と言われるギルガメッシュ王の物語があります。 その中の一節にこ …

GMO遺伝子組み換えコットン大問題

この写真は、今年の5月に48か国、400都市でほぼ同時期に行われた世界規模のデモ行進の一つです。 GMOバツのプラカードが見えます。 これは、モンサント社の遺伝子組み換え種子反対、食料供給独占支配に反対するデモで、今年で …

その一 オリンピック新国立競技場を木造で

<森林について考えるシリーズ> その一 オリンピック新国立競技場を木造で 全国の建築士で構成されている組織・日本建築士会連合会が、問題山積だった新国立競技場を木造で建造することを提案しています。 国が白紙撤回 …

質は同じで価格は倍

9月13日日曜日の午後10時、TBSテレビ放送 「林先生が驚く初耳学」という番組で 「オーガニックコットン」が取り上げられました。 この番組は、「今でしょう!」というフレーズで一躍人気タレントになった受験塾講師の林修氏に …

海の水から発電できる時代

21世紀になって、エネルギー分野に君臨していた石油業界に陰りが見え始めると、雨後の竹の子のように新しいエネルギー方式の製品が現れて来ています。 人類の英知の限りない広がりを本当に頼もしく思います。 そして新しいエネルギー …

オーガニック農産物はやっぱり凄い

昨年6月にイギリスの栄養専門誌「British Journal of Nutrition」に有機農産物と 一般の農産物の比較の結果が掲載されました。 343の研究結果からいくつかの結論が出ました。 重要な点を列挙してみま …

2025年には、 二人に一人の子供が 自閉症になる虞(おそれ)

アメリカ・マサチューセッツ工科大学(MIT)の ステファニー・セネフ博士は、2025年に、 二人に一人の子供が自閉症になる虞(おそれ)ありと 農薬の害を警告しています。 モンサント社の除草剤(ラウンドアップ・グリホサホー …

オーガニックなモスキート対策

昨年、蚊が媒介するデング熱騒ぎがあって、 東京の代々木公園は封鎖され、殺虫剤が 撒かれるニュース映像が毎日流れました。 日本もとうとう熱帯気候になってしまったのかと 地球温暖化問題を実感しました。 昨年、あのビル・ゲイツ …

80万円の未来予測本

『グローバル・メガトレンド2015-2050』という予測分析の本がこの3月に日経BP社から 発売されています。 元は、ロンドンを中心に、世界の主要40都市に拠点を持ち、650名のアナリスト、エコノミストで組織されたシンク …

とことんオーガニックシンポジウム2015の報告

2011年の3月末頃に第一回「とことんオーガニックシンポジウム」は開催を予定していました。 ところがあの東日本大震災が起きて、3か月遅れの6月に開催されました。 オーガニックに関連する事業者、農業者、研究者、個人が一堂に …

« 1 2 3 4 12 »
PAGETOP
© NPO・特定非営利活動法人 日本オーガニックコットン流通機構