日本オーガニックコットン流通機構は、公益を目的とした特定非営利活動法人で、東京都庁の許可を得て業務を行っております。社会的な意義の高いオーガニックコットンの普及を通じて自然環境を守り、苦境にある綿花生産者を支援し、消費者への信頼できる安全な製品が供給されるよう活動しています。当方の認定製品の安全性は、アトピー・化学物質過敏症の方々への対応にも活かされています。
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • 世界のオーガニックコットン事情

世界のオーガニックコットン事情

祝・ヘルマンビューラー社創業200年

NOCグループの綿糸供給元 NOCグループのパノコトレーディングは、20番手から90番手までのピマ・オーガニックコットンの糸をヘルマンビューラー社から輸入しています。 スイスのチューリッヒ郊外にあるこの会社は1812年創 …

ICAC国際綿花諮問委員会レポート

2011年9月、アルゼンチンのブエノスアイレスで第70回全体会議がありました。このたびの議論で特徴的なことは以下のことでした。 ・当組織の目的を改めて再確認した。綿花産業の発展のために各国政府が協調して生産の効率性、社会 …

Global Market Report on Sustainable Textiles2010

TE(テキスタイルエクスチェンジ)2010年市場調査報告 オーガニックコットン市場は右肩上がり この不景気にも係わらず、世界の主要ファッションブランドは、しっかりとした販売戦略の下で手堅く20%の成長を果たしている。 2 …

OTA 4月22日発レポートからの考察

OTAは、2010年のアメリカのオーガニック市場の伸張は堅調で、前年の8%増、ほぼ290億ドル(2兆6,100億円・90円/$として)に達したと報告しています。8%の伸張率は、アメリカのGDP実質2.4%マイナスという背 …

OTAレポート EU・US基準の相違点

「欧米」という言い方をするので、私達アジアから見ると、ヨーロッパとアメリカは、同質に見えますが、よくみると、主導権を取ろうとして、何かと張り合っている面が見えます。 アメリカが「オーガニック」といえば、EUは「ビオ(BI …

重要なデータが変更か?

JOCA理事長 日比暉氏の1月20日(2011)レポートはとても重要です。 ご注目ください。(抄訳) コットンは、世界の耕作面積のわずか2~3%の面積で栽培され、そこで使われている農薬は、世界の全農薬の10% 殺虫剤に限 …

Organic Cotton World Now

TEXTILE EXCHANGEレポート(抄訳) 平成23年1月28日 2009~2010年オーガニックコットン 最新情報 2009~2010年の世界のオーガニックコットン生産量は、世界の綿花生産量のやっと1%を少し超え …

Organic Exchangeからの手紙

TIME誌の6月10日(2010年)の記事に注目したい。 記事タイトル:厄介者との闘い(マラリアとの闘い) 筆者:Alex Perry氏 ウガンダのオーガニックコットンの農家の人々は、殺虫剤が、2008年時点でマラリアの …

世界のオーガニックコットン市場概観

Organic Exchange オーガニックエクスチェンジ(OE) 世界的な景気後退の中、2009年のオーガニックコットン市場規模は拡大している。 オーガニックコットンの主要各社は、新たなOE基準を活用して積極的なオー …

2008~2009のオーガニックコットンの生産状況

ORGANIC EXCHANGE(アメリカ) 第4回オーガニックコットン・リポートを2010年2月に発表しました。 2007~2008年の収穫量は大きく伸びて話題になりましたが、2008~2009の収穫量は、更に延びて2 …

« 1 2 3 4 »
PAGETOP
© NPO・特定非営利活動法人 日本オーガニックコットン流通機構