日本オーガニックコットン流通機構は、公益を目的とした特定非営利活動法人で、東京都庁の許可を得て業務を行っております。社会的な意義の高いオーガニックコットンの普及を通じて自然環境を守り、苦境にある綿花生産者を支援し、消費者への信頼できる安全な製品が供給されるよう活動しています。当方の認定製品の安全性は、アトピー・化学物質過敏症の方々への対応にも活かされています。
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • NOCコットンの産地の様子

NOCコットンの産地の様子

bioReオープンハウス

インドのオープンハウスデーは、毎年収穫を終えてリラックスムードで行われる感謝祭です。日本からもお祝いに駆けつけます。2015年11月26日、27日のOPEN HOUSE DAY は、 パノコトレーディングの長尾隆行さんが …

インド農場 工場の視察

パノコトレーディングの 野倉さんがインドを訪れました。 去る8月24日から9月1日まで インドの取引先やオーガニック農場を 視察されました。 <主な目的> 1 紡績会社のエンジニアと交流して品質についての要望を伝えること …

朗報!遺伝子組み換えでない種の研究の成果

現在、インドのオーガニックコットン栽培は、遺伝子組み換えの種があまりにも蔓延してしまったため、在来の種が極端に入手困難となって、酷い痛手となりました。 従来の種の入手先に頼れないのであれば、bioReプロジェクトが種を確 …

エクタ・パリシャドが今年のノーベル平和賞の候補に

インドのEKTA PARISHADは、英語でUNITED FORUMとなり、「討論連合」とでも 訳せましょうか。1991年に始まった零細農家を支援する民間組織です。 NOCグループが主に使っているインド産のオーガニックコ …

FiBL成果発表「OCはGMコットンに対抗できる」

FiBLは1973年にスイスで設立された組織で、スイス・フリックに研究所を置き、現在、ドイツ・フランクフルトとオーストリア・ウイーンにも研究所があり、オーガニック農業の可能性について研究する国際機関。IFOAMと連携して …

REMEI社がエコロジーの分野で受賞!

 これは、スイスの大手金融機関SWISSCANTOが毎年行う表彰で、今年はNOCグループの原料供給元のREMEI社が選ばれました。 SWISSCANTOは、スイスで1959年に設立された銀行で、様々な金融サービスを行って …

2013年、bioReインド OPEN HOUSE DAY

2013年11月21日、22日の2日間、bioRe Project Indiaでオープンハウスのお祭りがありました。今年は、㈱パノコトレーディングの浅田氏さんが単身で参加されました。                   …

bioRe2012-13 事業報告書

当レポートはこのTシャツにプリントされています。→ ビオリ基金代表 ヨルグ・ペリッツ氏の挨拶文 我々人類が誰しも社会において自立し、幸福に暮らせるよう望んでいることは疑いの余地のないことです。 経済の世界では、地球が生み …

インドbi0Reツアー報告書

NOCのメンバーのビオリ・  プロジェクトの視察ツアーが行われました。 <ツアー日程> 平成24年 10月7日(日)出発~             10月13日(土) 帰国 <参加者>                   …

bioReインドで行われている コットンの種の研究

  現在、綿花の世界では、アメリカのモンサント社が展開するGMO (遺伝子組み換え)の種の世界支配の戦略下にあります。 巨大な資本力を前にして、小粒でも果敢に取り組むオーガニックプロジェクトを応援しましょう。 …

1 2 3 »
PAGETOP
© NPO・特定非営利活動法人 日本オーガニックコットン流通機構