日本オーガニックコットン流通機構は、公益を目的とした特定非営利活動法人で、東京都庁の許可を得て業務を行っております。社会的な意義の高いオーガニックコットンの普及を通じて自然環境を守り、苦境にある綿花生産者を支援し、消費者への信頼できる安全な製品が供給されるよう活動しています。当方の認定製品の安全性は、アトピー・化学物質過敏症の方々への対応にも活かされています。
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • NOCコットンの産地の様子

NOCコットンの産地の様子

bioRe project 2009/2010 Annual Reportより

タンザニア サイモン・ベンジャミンさんの場合 タンザニアMeatu地区は、海抜1000mから1500mの高地にあり、面積は8,871平方kmである。 この地域でビオレタンザニアのプロジェクトが行われている。 15の村で2 …

オーガニックコットンの種について

ワタとタネ ふわふわの綿花を摘むと白い綿毛の中に、黒い種が20~30個入っています。 この種は、綿繰り工程(ジニング)で繊維と分離されます。 重さを測ると25%が繊維で、75%が種です。 繊維(リント)はそのままワタとし …

bioReタンザニアの2012 年、今年のオーガニックコットンの収穫量が 記録的に凄い

種つき綿花が一万トン越えの勢いです。 (綿花の種を分離して繊維にすると3千トン位になります) これは雨のお蔭です。 通常、雨季は11月から2月まででその後は降らずに乾燥します。 (南半球は、11月に種まき、6月に収穫) …

特別インタビュー インドに学校を寄付した野倉皇男さん 

NOCのホームページに掲載されているインド産地レポートの「学校の寄付」についてパノコトレーディング 野倉社長にインタビューして詳しくお聞きしました。   ※プレートにはパノコの表示があります。 聞き手(宮嵜) …

REMEI INDIA 訪問レポ-ト

NOC会員企業の株式会社パノコトレ-ディングは、毎年、biore project の 「インドのOpen House Day」に出席しています。 今回は、株式会社パノコトレ-ディングの支援でKalakhet村に学校ができ …

タンザニアの銘板

㈱パノコトレーディングの社長 野倉皇男氏は、7月10日から17日までアフリカ・タンザニアを訪問されました。 タンザニアは、オーガニックコットン・ビオリプロジェクトが行われているところです。 現地での視察や打ち合わせの合間 …

アフリカ ビオリプロジェクト視察報告

オーガニックコットン原料の調達先 bioReプロジェクト・アフリカを視察 2008年6月25日(水)~7月4日(金) ㈱パノコトレーディング社長 野倉皇男氏 マサイ族のガードマンと記念撮影 タンザニア連合共和国 <豆知識 …

インドのトレーニングセンター周辺のハリケーン被害

2007年6月22日、bioRe トレーニングセンターの周りにひどい暴風雨がありました。 幸い、だれも負傷者はいませんが、多くの被害がありました。ある建物は全壊をし、そして、他の建物についてもなんらかの被害の爪あとが残っ …

BIOREタンザニアで働く農民

2007年10月 フィラ・サラムさんの話(REMEIレポートより) bioReタンザニアで働いているタンザニアの農民 フィラ・サラムさんが、彼の農場での2年間の様子を話してくれました。 私はMwamanonguの村から移 …

インドの学校の子供たちに新しい教材が届きました

インドのNawalpuraのbioReプロジェクトの学校で子供たちは新しいベンチ、新刊、バッグとユニフォームなどの新しい教材が届き、とても喜んでいます。 これらの教材は日本の(株)パノコトレーディングや(株)ゴールドウィ …

« 1 2 3 »
PAGETOP
© NPO・特定非営利活動法人 日本オーガニックコットン流通機構