日本オーガニックコットン流通機構は、オーガニックコットンの普及を目指す特定非営利活動法人です。化学物質過敏症の方々や、アトピー症の方々への情報提供や支援活動をしています。

カラーコットンについて

  • HOME »
  • カラーコットンについて

カラーコットン

カラーコットン

cotton09

4000年の眠りから目覚めた「カラーコットン」

コットンには白の他にも、茶や緑の色のものがあります。
これらの色は、すべて生まれつきコットンそのものの色で、染めた色ではありません。
「コットンは白い」と言うのが現在の常識ですが、実はもともとの色は茶色でした。
ではなぜ、現在のコットンは白が主流なのでしょうか?
大昔、人々は草や木や泥で布を染めることを覚えました。
すると、色をキレイに出すには白が一番都合がよく、より白いコットンになるように品種改良しました。やがて白いコットンがすっかり主流になると、色の付いた茶色のコットンは邪魔にりました。白いコットンに茶色が混じると困ることから、栽培することを法律で禁じた時代もあったほどです。
そして、とうとう茶色のコットンは姿を消して人々の記憶からも消えてしまいました。
エコロジーへの関心が広がり始めた1980年代。無農薬で育てるコットンが話題を呼びました。
そんな中、アメリカの昆虫学者であるサリー・フォックス氏は、カラーコットンの存在を知り、そしてひらめきました。
川や海を汚す染色をすることなく、カラーコットンで色や柄が出せたら素晴らしいことではないかと。
趣味で細々と茶色の綿を栽培していたグループの協力を得て、それらをビジネスとして成り立つレベルの生産量に引き上げ、名実ともにカラーコットンを復活させたのです。
かつて染色工場の周辺は化学汚染し、繊維産業は公害産業と呼ばれた時代もありました。
カラーコットンは、化学汚染がまったく起きないエコロジー繊維として、4000年の眠りから覚め、今最も新しい素材として注目されています。

りんご・ピーマン・カラーコットン

りんご・ピーマン・カラーコットン

自然に溢れる様々な色彩

大自然が生み出す色は実に多彩です。色とりどりの花はもちろん野菜や果物も豊かな色にあふれています。
ただし、自然の色は移ろいやすく、人工の染色と比べると安定しません。土壌のミネラル成分のちがい、年々の気候のちがいによって色合いは異なり、一定の色を望むことはできません。
カラーコットンも、原綿の色は収穫毎に異なります。
一般的に色の度合いを示す場合、DIC(大日本印刷カラ-ガイド)の数字で表しますが、カラーコットンにおいては、白いコットンの原綿30%とか50%などの、混綿率で示すしか方法がありません。
当然、元の原綿の色の濃度によってまったく違う色調になる可能性があるわけです。
しかし、これは欠点ではなく、自分と出会った唯一の「縁のある色」と捉えていただければ愛しさが湧いてきます。
自然の恵みだからこそ現れる色を楽しんでみましょう。

有機カラーコットンが消えてゆく???

有機カラーコットンが消えてゆく???

あなたは触ったことはありますか?着たことがありますか?

カラーコットンは、需要不振のため栽培が続けられなくなっています。
オーガニックコットンの市場においても、漂白や染色をした方が有利な面が多く、需要が伸びるに従って、カラーコットンが衰退するという結果になってしまいました。
一般の人々に十分に行き渡り、真価が伝わる前にその姿を消してしまうというのはいかにも残念です。
NOCでは、カラーコットンを何とか絶やさないよう、最大の努力を払い供給を続けてゆきます。
4000年ぶりに陽の目を見た茶色の綿が、わずか10年で消滅してしまわないよう、もう一度注目、利用し、いつまでも有機の畑にカラーコットンの種が撒かれるよう運動していきましょう!

古くて新しいカラーコットン

茶色の綿のUV防止効果

茶色の綿には、不思議なことに生体に有害な紫外線を95%も吸収するUV効果があることが偶然発見されました。
草木染のUV効果を調べていたとき、たまたまそばにあった茶のカラーコットンの布地を比較のために測定しました。
白いものは80%くらいだったのに対して、茶色のものは、草木染の布地と同じ95%台の値を示したのでした。
何故でしょうか?
「茶色の綿は綿の原種」ということを思い出してみてください。
コットンが育つのに良い条件は、長く強い陽射しを受けることです。すると綿毛に包まれた種子は有害紫外線から守られなくてはなりません。
大自然が選んだ綿毛の最良の色は茶色だったのです。
市販のUV加工品は化学処理されて製品化されていますが、カラーコットンは生まれながらにUV防止品になります。帽子、手袋、外着、カーテンにも効果を発揮してくれるのです。

緑色の綿の面白さ

緑の綿はサリーさんの茶色の綿畑の中から見つかりました。
変な色の不良品だから捨ててしまうというのが普通ですが、サリーさんは、大切にこの変種の綿を育てました。
さらに、変種同士を掛け合わせてその特徴が色濃く出るよう辛抱強く繰り返しました。
最初は薄い黄緑のような色だったのが、はっきりした緑色になりました。
その後も黄色、ピンク、ワインレッド色の綿が採れましたが、商業的には成功していません。遺伝子組み換えの技術で成功するかもしれませんが、オーガニックの精神に反しているので使えません。自然の交配では緑色までが妥当なのかもしれません。
緑の色は石鹸や重曹などのアルカリ性の液に浸けると色がパーっと発色します。また熱いお湯に浸けても濃くなります。しばらく使っていると色が薄くなります。これは洗った時の水の中の塩素や洗剤の漂白作用のためです。さらに日に干すと紫外線の漂白作用が影響します。
色が濃くなったり薄くなったりなんとも面白い綿ではありませんか。
変化するどの色もみんな安らぎのあるいい色になります。どうぞ慈しんでください。

記事より、FORT WORTH STAR-TELEGRAM PARADE 1996,APRIL

人類とコットンの密接な関係
綿は、アメリカ大陸において、約4500年前から栽培されていたことが分かっています。
最初は家畜のエサであったり、薬草として使われ、繊維として利用されたのは、ずーとその後のことでした。
グレー、茶、ベージュ、白は選別されて栽培されていたという研究があります。
他に青、紫、ピンク、緑も利用されていたとありますが、一般の学者たちは、口伝による単なる伝説で、草木で染められたものと混同しているとしています。
コットンの原種であるカラーコットンは、長い歴史のなかで人々のそばに寄り添い、そして歴史を作ってきたのです。

PAGETOP
© NPO・特定非営利活動法人 日本オーガニックコットン流通機構