オーガニックコットンとは

オーガニックコットンとは

写真提供/Joerg Boethling・Ageuda

大地を守り人を守る

オーガニックコットンは一般の綿畑で使っている化学肥料や、殺虫剤や除草剤などの農薬を使わず、有機肥料を用い、天敵の益虫を活用して害虫駆除を行うなど、手間ヒマをかけた昔ながらの栽培方法で育てたコットンです。

この栽培方法は、従来行われている農薬を多量に使い土壌の活力を失わせる方法とは異なり、自然環境に負荷を与えず、農場近隣の環境保全につながり、働く人たちの健康も損ねない理想的な栽培方法です。

コットンの栽培

コットンの栽培

写真提供/Joerg Boethling・Ageuda

コットンの種

綿花はあおい科のわた属。あおい、ハイビスカス、オクラも仲間です。綿毛をぜんぜん持たないものが多く、野生種で20種類以上知られています。
綿を作るのはアルボレウム、ヘルバケウム、バルバデンセ、ヒルスツムの4タイプが主流です。アルボレウムとヘルバケウムはインドを中心として栽培されてきました。
バルバデンセ、ヒルスツムはアメリカ大陸が発祥と言われています。

バルバデンセは繊維が長く、細い糸にして高級品に使うのに適しています。現在90%以上使われている種は、ヒルスツムで、千以上の品種を交配改良して作られたアップランド種です。生育期間が短く、どんな気候条件にも対応でき、繊維の質もよく、用途が広い優れた品種です。
種は、第一世代(F1)に限り顕在化するハイブリッド種がほとんどで、在来の種はほとんどありません。

オーガニックコットンの主な産地

オーガニックコットンの主な産地

オーガニックコットンの主な産地は、アメリカ、オーストラリア、ペルー
インド、トルコ、エジプト、アフリカ・タンザニア、ウガンダなど。

コットンが育つ土地の特徴/気候/風土

綿花の生産適地は、赤道をはさんで北緯45度南緯35度の地域で、雨が少なく乾燥して、日照時間が長く、人件費が低い地域です。
日本のように高温多湿な国は適地ではありません。
江戸時代には盛んに栽培されましたが、現状では収穫量が低く、人件費は高くて採算が合わないこともあり、日本では綿花の商業生産はしていません。

オーガニックな害虫対策

オーガニックな害虫対策

益虫を使った生物農薬の様子

人や家畜、環境に対する高い安全性

一般の栽培方法は、綿花に虫が付けば殺虫剤を散布するのが当たり前ですが、オーガニックコットンの畑では化学合成された殺虫剤は使いません。
綿花に付く害虫を食べる「益虫」を放つ生物農薬で駆除したり、虫が嫌う植物の臭いのエキスを撒いたり、ニンニク,唐辛子などの刺激臭のある植物を綿花畑に植えます。
また、糖分が豊富で虫が好む植物を畑の周囲に植えて虫をそちらにおびき寄せたり、夜間に電灯を付け害虫を集めて網で捕獲するなど、古来の様々な方法を駆使して害虫対策しています。

オーガニックコットンの収穫

オーガニックコットンの収穫

写真提供/Joerg Boethling・Ageuda

ひとつひとつを人の手で

綿花収穫の方法は、アメリカやオーストラリアなどの先進国で行われる大型機械によるものが主流です。
機械一台で、手で摘む人80人分の働きをすると言われています。人件費の高い国では到底手で摘む方法は採算に合いません。
機械で刈り取る場合は、綿の木の高さを一定にしなくては効率が悪くなり、そこで成長調整の農薬が使われます。
また、綿花が収穫できる9月頃は、葉や茎はまだ枯れる時期ではなく、青々としていて、そのまま刈り取ると、湿気の問題や、葉の葉緑素が潰れて汁が綿に付着し、品質を落とすことになります。
そこで、収穫時期から遡って「枯葉剤」を撒布しておき予め葉や茎を枯らせています。

オーガニックコットンの栽培・収穫方法は、「枯葉剤」を使用せず、綿花を手で摘み、青々とした畑の中で収穫作業を行なっています。