薬を飲むことを「服用」といいます。なぜ“服”という字が使われているのでしょうか?
服を着ることとは何か?

古代の人々の暮らしを考えると「服」は、寒さを防ぐとか着飾るためと言うだけの物ではなく、命に係るような切実な必要があって着用されていたようです。人々は怪我や病気になると伝承の方法に従って、祈りやまじないとともに植物の薬効を利用しました。薬草で染めた布を身にまとい、切実の思いで病の回復を祈っていたことでしょう。

薬を飲むことを「服用」と書きます。なぜ服という字が使われているのでしょうか?

薬を飲むことを更に内服といい、わざわざ区別しているところを見ると、「服用」とは元来、薬を飲むことばかりでなく病を治す行為全体を表わしているものと考えられます。
紀元前3世紀ごろ古代中国の儒教の経典、四書五経の中の通義録という医学書に次のことが書かれています。「草根木皮は小薬、鍼灸は中薬、飲食衣服は大薬」とあります。薬を飲むより、身体を刺激するより、最も優れた治療方法は、正しい飲食と、快適な衣服を着ることとあります。

皮膚は、ヒトの身体で最大の臓器で、その役割は極めて重要です。内蔵を納め、外からの衝撃を保護し、雑菌の侵入を防ぎ、寒暖の変化に対応して、汗をかいたり、皮脂を分泌します。更に、外部情報を得るためのセンサーの役割も大きく、快・不快を感じ取り行動を起します。そして免疫反応や、精神面に影響してゆきます。そしてわずかですが皮膚での呼吸も行われています。何かの理由で皮膚の三分の一を損傷すると生命の危険があるということからその重要性がわかります。そしてその皮膚に接する衣料品の“質”が、心身の健康にどれほどの影響をしているのか計り知れません。

草木染は謂わば植物の生命力を布地に写し取るものです。植物は、動物のように動き回ることができないため、その場所で起こる強い陽射しや雨、風、害虫などあらゆる自然現象に対応しなくてはなりません。そのための色々な性能を身につけています。その性能を薬効として利用しようというのが草木染の原点です。

例えば、男の子には青色、女の子にはピンク色は現代では当たり前の配色習慣ですが、次のような実用の意味があったのです。青の藍は、抗菌、抗紫外線、排毒の効果があります。ピンクの茜には、浄血、保温、細胞活性の効果があります。男の子は女の子よりも体質的に弱く、感染し易い。そこで藍染の布地で包み、抗菌、免疫力強化の効果を期待しました。女の子は、茜染めの布地で包み、細胞活性を高め、将来の多産を願ったことでしょう。

このようにみてゆくと、医療のない昔の人々は、自らの身体を守り、家族の身体を守るため身の回りの自然に眼を凝らせ、どのように利用するか工夫していたことが想像できます。

染めた布が強い日差しを受けて、色が褪せてきたのを見て自身の身体を守ってくれたと頼もしく思ったことでしょう。汗を吸い取り、肌を守って変色した布地には愛おしさを感じたことでしょう。現代のように、変色や、色褪せを品質の欠陥としてマイナスに見ることはなかった筈です。
草木染の服は、着る人の体質がアルカリ体質か酸性体質かによって異なる変色の仕方をすると言われています。その変色に対して親しみを感じるか、単に欠陥とみるかがオーガニックセンスの理解の分かれ道です。

本当に自身のカラダと向き合った時、身にまとう布の“質”を思うことは、食べ物の安全や栄養を考えるのと同じくらいに重要なことです。
着ることで、癒されると言う価値がいかにこれからのファッションとして
活かされるか、オーガニックコットンならではのテーマです。

現代の文明が自然環境の保全を視野に入れずに発展してしまったため何かの
メリットを求めて何かを作ると、必ず自然環境にマイナスのことが生じてしまいます。

ところが、ことオーガニックコットンに関しては珍しくマイナス面がありません。

作れば作るほどプラスになります。エコロジーの面、人の健康の面そして
フェアトレードによる貧困救済の面があり、どの面から見ても輝いています。

「服の原点」を極めると未来の理想の形が見えてきます。

日本オーガニックコットン流通機構 理事長 宮嵜 道男