NOCは「児童労働ネットワーク」の正会員として活動しています。
この団体の中心組織のNPO組織ACEの成田さんのレポートは、
具体的で、大変貴重な資料です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NGO ACE(エース)2013年5月 成田由香子
<児童労働の悲劇の典型例>
ベイビーちゃん(16歳) : 6歳からコットン畑で働いた。 朝9時~6時まで働き、休みはお昼の    30分間だけ。賃金は、1日当り 50ルピー(50ルピーは、約80円、大人は80ルピー、128円)。 農薬の影響で、皮膚病にかかり、具合が悪く、病院へ通っていた。                      2011年、血液のガンにより、16歳で永眠 。医者によれば、ガンの要因は農薬という。         「学校には行きたいし、病気になるのは辛いけど、働いて家族を支えなければならないの。」       と話していた。
<インド・ アンドラ・プラデシュ州のコットン種子畑で働く少女たち>
インドのコットン種子生産地域の約90%を占める4州に約40万人の児童労働者がいる。        54%が14歳未満、約70~80%が女子児童労働。 遺伝子組み換え種・人工交配種(ハイブリッド種)が急増して、人工授粉作業が必要になる。大人だと屈んだ辛い姿勢で作業をするが、子供は身長が低く、更に指が細いので作業に適しているとされる。また当然安い労働力が必要になり、子どものほうが、賃金が安く、 言うことを聞くので雇うのに有利である。また、大人たちは、教育への関心が低く、学校が遠いとか、  伝統的に女の子には教育が要らないという認識が強い。 親に仕事がない又は低収入で生活が成り立たないという背景があると、子供が稼ぎに出させられてしまう。
<農薬問題、農民の自殺問題>
インドのコットン栽培農地は、全耕地面積の5%で、インド全体の農薬使用量の54%を占めている。 (Pesticide Action Network)                                 多量の農薬を畑に入れると、土の中の微生物が死んで、土の栄養分がなくなり、作物が育たなくなる。地下水が汚れ、農民と近隣住民の健康が害される。                           農民は、種や農薬を買うために 借金をする。 不作だと高い利息も含めて借金が嵩む。
絶望して自殺してしまう農民がいる。11年間で累計18万3000人。

<巧みな宣伝文句>

インドの新聞宣伝広告にはこう書いてある。            「インドのコットン耕作地の9割でハイブリッド品種のBTコットンが栽培されている。           収量が上がり、 コットン農家600万人が、総額3150億ルピー(約6000億円)の収入を増やした。」   どこからこんな数字が出てきたのか、実態とかけ離れている。

<ピース・インド・プロジェクト>

子供を危険な労働から守り、教育を受けられるようにするプロジェクトが進められている。        最も受粉作業の盛んな地域の子供たちで、識字率が(45%)州内でもっとも低い子供たちを       対象にした。         2010年から2013年までは、アンドラ・プラディッシュ州、マハブブナガル県、ナガルドーディー村 で  行い、2014~2018年には周辺地域2~3か所に広げる予定。                   6歳から14歳までの子供530人、17歳以下の女子2000人(450世帯にあたる)が対象になる。

<NPO法人 ACEのスローガン>

「あたりまえを すべての子どもに」
・子どもの権利が守られ、世界中のすべての子どもが、安心して希望を持って暮らせる社会をめざして、  市民と共に、児童労働の撤廃と予防の活動を行っている。
・危険な労働を行う子どもを救い、教育を支援する活動をしている。                     ・
・児童労働を生み出す社会の在り方を見直し、改善にむけて、 企業、市民への啓蒙活動を行い       政府へのアドボカシー活動を行っている。

平成25年8月13日                 日本オーガニックコットン流通機構
宮嵜道男