CIMG5960食品・生活用品リスト改訂版出版
NPO化学物質過敏症支援センター

 

化学物質過敏症の患者さんの
よろず相談を一手に引き受けている
化学物質過敏症支援センター・通称
CSセンターが、2014年度版の
商品情報誌を改訂出版しました。

ある日突然、ある種の化学物質に
対して身体が反応して違和感を感じ
それが日ごとにはっきりとして
症状が出て、病院で「化学物質過敏症」
という病名が伝えられてから、生活は      A4b版150ページ 2,400円
ガラリと変わってしまいます。
それまで買い物について、全く気にせず、好きなものを好きなだけ買って生活していた人が
家の中の生活用品の一つ一つに目を向けて吟味するようになります。
原因物質を含んでいるのではないかという「怪しい物」はすべて廃棄処分して、さて、それに
代わる安全なものは何かと探してみると、近所のお店にはほとんどない事に気付きます。
街の洋服屋さんもクリーニング店も薬局ドラッグ、スーパーマーケット、ホームセンターにも
必要なものを見つけることはできません。
それ程、現代の生活用品は、化学物質漬けと云うことができる訳です。

さて、そんな時に頼りになるのが、この本です。
何しろ、化学物質過敏症を克服された方、
又は軽くはなったけどいまだ化学物質は苦手という方たちが、身をもって体験して厳選した
食品や生活用品のガイド本です。
<予防、健康情報としての価値>

「化学物質に過敏になる」ということは、
誰にでも起こる可能性があります。

花粉症などのアレルギー体質の方や「ホームセンターの臭いが嫌い」、「家具センターにしばらく
いると頭の芯が痛くなる」、「デパートの洋服売り場にいると、ワナワナと力が抜ける感じがする」、「トイレの芳香剤を嗅ぐと悪寒が奔る」などと感じる人は結構います。
過敏症という日常生活に支障をきたす程の病気ではありませんが、身体にとって良くないモノを感知する能力に長けているタイプの人々です。
全く何も感じないということは一見よい事のようですが、それは単に身体が丈夫なのではなく、察知能力が鈍いので無防備に有害物質を身体に取り込んでしまうというリスクをもっているとも
考えられます。
何も感じない人も、この情報を一通り理解して、安全な商品を使うようにしてゆけば、
健康を長く維持できるということになります。

またここに紹介されている商品は、どれも健康によいだけでなく、地球環境保全の面でも
優れていますので、自然志向の生活観をお持ちの方々にも有用です。

この情報誌の購入、問い合わせは以下の通りです。

NPO化学物質過敏症支援センター
〒231-0006 神奈川県横浜市中区南仲通4-39 石橋ビル5F
電話: 045-222-0685、FAX : 045-222-0686、e-mail: yokohama@cssc.jp

 

平成26年8月25日                日本オーガニックコットン流通機構
宮嵜道男