世界のオーガニックの農地は、ほぼ日本の国土の面積 3.600万ha(ヘクタール) に迫るところまで来たました。

JOCAの森和彦氏が、オーガニックコットンに纏わる数字を整理してくれています。
大掴みな数字は、全体を把握するのに便利です。是非参考にして見てください。
参照外部リンク

以下、関連の資料から参考までに書き加えたり、並べ替えたりの編集をしています。

1. 地球の面積
5億1000万k㎡

海洋
3億6000万k㎡
陸地
1億5000万k㎡  (全体の30%)

2.陸地の面積
1億5000万k㎡
150億ha(ヘクタール)

農用地
50億ha 陸地  (全体の33%)
森林
40億ha
その他
60億ha  (市街地、砂漠、沼沢地ほか)

3.農用地
50億ha

耕作地
15億ha
その他
35億ha   (牧草地、果樹園など)

4.耕作地
15億ha

穀物
7億ha
その他
8億ha   (野菜など、綿花も含まれる)

5.綿花栽培農地
3100万ha
※コットンは耕作地15億haのわずか2.1%でしかない。

6.有機農地
3500万ha

牧草地
2200万ha
耕作地
800万ha(綿は耕作地に入る)
その他
500万ha(永年作物の果樹園など)

※有機の耕作地800万haは全耕作地15億haのわずか0.5%でしかない。
※有機農地の主な地域はオセアニア
(オーストラリア、ニージーランドはじめ周辺諸国)
1210万ha、ヨーロッパ820万ha, 南米諸国810万ha。

7.オーガニックコットン農地
25万3000ha
※オーガニックコットンは綿花栽培農地3100万haの0.8%に過ぎない。

8.世界の農業人口
20億人

9.綿の農業人口
6000万人
※綿農業の人口は世界の農業人口20億人の3%。

10.オーガニック農業に携わる人口
138万人
※オーガニック農業人口は、全世界農業人口20億人の0.07%。

11.オーガニックコットンに携わる人口
22万人
※22カ国で栽培。
※オーガニックコットンの農業人口は綿の全人口6000万人の0.36%。
※オーガニックコットンの農業人口の内容は、インド人11万人、アフリカ人9.5万人、ラテンアメリカ人2,000人、その他6,000人。
※インドの有機農業従事者の34%がオーガニックコットンを扱う。
※生産量のトップ10はインド、トルコ、シリア、タンザニア、中国、アメリカ、ウガンダ、ペルーエジプト、ブルキナファッソの順。

12.世界中の有機農産物の小売り売上高は5兆円 (IFOAM)
オーガニックコットン製品の小売り売り上げ高4000億円(OE)

■情報源
The World of Organic Agriculture 2010
以下の2団体が共同で調査を行いレポートをまとめた。
・FiBL( Research Institute of Organic Agriculture)
・IFOAM ( International Federation of Organic Agriculture Movements)

日本オーガニックコットン流通機構 理事長 宮嵜 道男