まず、オーガニックコットンのとれるタンザニアとはどんな場所でしょうか?

タンザニアはアフリカ大陸にあり、北側の国境は、ケニアとウガンダ。南側は、ザンビア・マラウイ・モザンビークに西側は、ルワンダ・ブルンジ・ザイールに面しています。

面積は88万3749k㎡で、日本の面積の約2.3倍ですが、タンザニアの人口は約3151万人で、日本の人口の約4分の1です。気候はタンザニアでは日本と季節が逆で一番あつい月が2、3月ですが4、5月は雨期です。

雨期の雨の量が多いところでは350mm/月ですが、8月は乾季にあたり、50mmもふりません。8月はもっとも暑い場所でも25℃程度、寒い場所でも17℃です。一番暑い2、3月でも30℃ほどで予想よりかなり寒暖の差がすくない場所のように思えます。

そのタンザニアで、2007年6月25日、オーガニックコットンの原綿の収穫が、11の村で始まりました。ここでは1531人の人たちが原綿の収穫をしています。
生産者の方も増えて、今年は気候のおかげもあり、収穫量も多くなっています。
通常の綿の価格の45Tsh/kgにくらべて、オーガニック・コットンの価格は60Tsh/kgとかなり高い金額となっています。

綿を収穫するタンザニアの人たち

写真提供:REMEI社