日本オーガニックコットン流通機構は、公益を目的とした特定非営利活動法人で、東京都庁の許可を得て業務を行っております。社会的な意義の高いオーガニックコットンの普及を通じて自然環境を守り、苦境にある綿花生産者を支援し、消費者への信頼できる安全な製品が供給されるよう活動しています。当方の認定製品の安全性は、アトピー・化学物質過敏症の方々への対応にも活かされています。
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • コラム

コラム

コラム 「いい質問ですねえ!」2020 NO.6

いい質問ですねえ! オーガニックコットンのセミナーの後、質疑応答で出た質問は、どれも「いい質問」でした。 一般のコットン製品の農薬の害はあるのか? 一般のコットンには確かに農薬が残留しているが、 特別に人体に影響があると …

コラム 「諸行無常」2020 NO.5

諸行無常 過日、葬儀に参列した時の事、僧侶がいくつかのお経を唱える間に、「ゆく川の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず、・・・」と鴨長明の方丈記を朗々と吟じました。 方丈記は人の命の儚さを水の泡に譬えています。 逝 …

コラム 「化学物質はなぜ問題か?」2020 NO.4

化学物質はなぜ問題か? 「全成分表示がわかる本」(化学成分の安全性 研究会著)の中に、食品や生活用品に当たり前 のように使われている化学物質がどのように 健康を害するかが、論じられています。 簡単に言うと、化学合成品は、 …

コラム 「周回遅れの日本?」2020 NO.3

周回遅れの日本? わが日本は欧米先進国に、エコロジーの面でもフェアトレードの面でも 周回遅れの後れをとってきました。 それでも東京オリンピック2020に向けてやっとシフトを上げてエシカルな方向に走り出しているように見えま …

コラム 「CODEXを胸に抱える銅像」2020 NO.2

CODEXを胸に抱える銅像 桜の花の全盛期に哲学堂公園を訪れました。お化け博士と愛称された哲学者の井上円了が開いた公園で、満開の桜を楽しみながら、南側に流れる妙正寺川に向かって石段を下りてゆきました。 小さい橋を渡ると、 …

コラム 2020 NO.1 「SDGs・グローバル・ゴールズの威力」

SDGs・グローバル・ゴールズの威力 2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックのための準備が着々と進められています。 隈研吾氏デザインで木材をふんだんに取り入れることで注目されています。 ところがその木材の中にイ …

コラム 2019 NO.23 「ネガティブリストとポジティブリスト」

ネガティブリストとポジティブリスト 何か規制や規定を作るときに、 ネガティブリストでゆくかポジティブリストでゆくか二通りあります。 例えば、あるイベント会場には基本的に誰でも入れるが、黒い服を着た人は入場が出来ないという …

コラム 2019 NO.22 「bioReナイト」

bioReナイト 去る11月22日の金曜日の夕方、パノコトレーディング主催の「bioReナイト」と銘打ったイベントが東京神田神保町の会場で開催されました。 bioReプロジェクトを1997年に立ち上げたのは、REMEI社 …

コラム 2019 No.21 「NOCのホームページの注目度」

NOCのホームページへの注目度 NOCのホームページの情報量は文字量も、画像量も大変大きく、丹念に見て行くと、オーガニックコットンのことは勿論、国内外の繊維業界の事情や     「面白くて為になる・オモタメ」のコーナーで …

コラム 2019 NO.20 「針小棒大」

針小棒大 オーガニックコットンの思想は素晴らしい。                                                だからこそ、その表現には気を付けなくては なりません。   &n …

1 2 3 6 »
PAGETOP
© NPO・特定非営利活動法人 日本オーガニックコットン流通機構