針小棒大

オーガニックコットンの思想は素晴らしい。                                               
だからこそ、その表現には気を付けなくては
なりません。

 

 

日頃、カタログやインターネット上で商品の説明や宣伝文句には力を入れて考えます。「絶対良い商品だ!」という自負があれば、ついつい過剰な表現になるのは当たり前です。
それでも、その文章が不当表示に当ったり、行政処分の対象になる可能性があるとしたら大変です。

ひとたび行政処分を受けると、商品の回収、表示の付け替えなど労力と金銭面だけでなく取引先にも負担を掛け、大きな損害が発生する場合があります。

そこで消費者庁の係官とのやり取りの中で、実際の当局の取締りの硬軟を推察してみます。消費者庁としては、表示内容と実際の内容が大きく異なる場合に、表示法違反として処分対象にします。
消費者庁や公正取引委員会が調査をしているようですが、多くの場合は内部告発やライバル企業からの通報を受けて調査を行っているのが実態のようです。

処分の例を約5年間遡り見てゆくと、処分になったのは、明確な原料の偽造や原産地の偽装などで、以下の文案の例で処分されたケースはありませんでした。

十分注意は必要ですが、それほど神経質に考える必要がないことも事実です。但し、だからといって商品の表現をあまりに誇張して使った場合、ライバル企業につけ入れられ、行政機関に申し出られると、確実に行政が調査を始める仕組みになっていることは理解しておかなければなりません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

・関連の機関 消費者庁
経済産業省
公正取引委員会(内閣府の外局で独占禁止法の運用機関)

・関連の法律 不当景品類及び不当表示防止法(昭和37年法律134号)

5条  事業者は、自己の供給する商品又は役務の取引について各号のいずれかに該当する表示をしてはならない

1 優良誤認

2 有利誤認

3 消費者に合理的な選択を阻害するおそれがある不当表現

8条  課徴金:対象行為により得た売上金の3%。

36条  違反に対して十分な対応がない場合、2年以下の懲役又は300万円以下の罰金に処する。

以下の文章は、ほとんど実際にカタログや、チラシ説明文、ネット画像などで表示されているものです。

  •  科学的根拠が示せるかどうか。
  1. アトピーの方にも安心。
  2. アレルギーの方にも安全
  3. 赤ちゃんにオーガニックコットンは安心
  4. 化学物質過敏症の方にお薦めです
  5. 化学物質過敏症の方々が使っています
  6. アレルギー専門病院でも使っています
  7. 過敏症の方は是非お試し下さい
  8. アレルギー対応用の衣料品
  9. オーガニックコットンは化学薬品などのアレルゲンをほとんど含んでいないので肌への刺激がなく、アトピーや皮膚炎の方にも優しい素材です。
  10. 適切な洗濯で柔らかさはいつまでも続きます
  11. とても軽くて薄手なのに暖かい
  12. マシュマロのような柔らかさ
  13. 解剖学的、人間工学的研究に基づいて開発された・・・
  14. 純オーガニックコットンの柔らかさはふわふわです
  15. 空気を抱き込み、ふんわりふかふか保温性に優れた毛布です
  16. 農薬を使っていないので赤ちゃんの肌に優しいだけでなく、地球にも、栽培する人達にも優しいオーガニックコットンです
  17. 安全と健康を考慮したオーガニックコットン
  18. 地球への配慮があるオーガニック素材を使いました
  19. 漢方に学んだ薬効、藍染め染色
    <特に優良誤認に注意する必要のある表現>
  20. オーガニックコットンだから柔らかい
  21. オーガニックコットンだから暖かい
  22. オーガニックコットンだから軽い
  23. オーガニックコットンだから吸収性が高い

    ・生体的効用が示せるかどうか
  24. アトピーから赤ちゃんを守る
  25. 赤ちゃんも喜ぶ柔らかさ
  26. 敏感肌に優しい天然素材オーガニックコットンを使用
  27. オーガニックコットンの服を着ると癒される
  28. オーガニックコットンの優しい着心地
  29. 触り心地が気持ちいいオーガニックコットン
  30. オーガニックコットンの柔らかさが一日の身体の疲れを癒します
  31. オーガニックコットンを使ったら、「痒みの症状が軽くなり、大変気に入っている」とコメントされました<根拠不十分につき避けるべき表現>
  32. オーガニックコットンでアトピーが治る
  33. アレルギー症の悪化が防げる
  34. オーガニックコットンの方が健康に良い
  35. オーガニックコットンの方が肌に優しい通常のコットンより著しく優良又は有利であることを示せるかどうか
  36. オーガニックコットン原料を厳選
  37. 特選オーガニックコットンタオル
  38. 赤ちゃんへ柔らかなオーガニックコットンの素材は最適です<最高位の表現は優良誤認の可能性がある>
  39. オーガニックコットンの毛布の肌触りは最高
  40. オーガニックコットンは抜群の肌触り

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

不当な表示として確定し、罰則が科せられるまでの段階

1 当局に一般消費者から情報提供がある、または競合他社からの通報がある
2 当局が調査を開始する
3 弁明の機会が与えられる
4 十分な対応をしないと、当局が措置命令を言い渡す
5 違反内容が確定し、公表され罰則が与えられる

参考までに繊維関係の不当表示関係では、カシミヤの混率偽装と原産地偽装がほとんどで、広告表現や製品説明の表示関係で措置命令が出された例はありません。

平成18年 5月17日   ユナイテッドアローズ       原産国 偽装

平成19年 3月22日   フェリシモ            優良誤認 素材 偽装

平成19年 7月31日   小杉産業、丹羽幸         カシミア 偽装

平成19年12月26日   ユナイテッドアローズ       カシミア 偽装

平成20年12月10日   伊勢丹、ファイブフォックス    カシミア 偽装

平成21年 6月 9日   アドルフォ・ドミンゲス・ジャパン 原産国 偽装

平成21年12月 9日   三陽商会             カシミア 偽装

平成22年 1月21日   ティンカーベル          原産国 偽装

平成22年 6月24日   シップス             原産地 偽装

アクリル繊維をムートンと偽装

平成23年 2月24日   レナウン             優良誤認 機能性 偽装

平成23年 3月24日   ユナイテッドアローズ       原産国偽装

平成23年 3月30日   アシックス            優良誤認 機能性 偽装

平成29年 3月 8日   布屋商店(寝具)         店舗価格表示違反

平成30年 4月25日   良品計画             偽装加工

平成30年 10月5日   ギミックパターン         補正下着 機能性偽装

平成31年 7月 4日   DR.C医薬            光触媒マスク 機能性偽装

アイリスオーヤマ         同上

大正製薬             同上

玉川衛材             同上

<その他、繊維関係以外で参考になる事例>

JR西日本ホテル    ブロイラー鶏肉を京地鶏と偽装
ヒルトンホテル     一般野菜をオーガニック野菜と偽装
デトックス       痩身の効果が認められない

 

文責 日本オーガニックコットン流通機構 顧問 宮嵜道男 8.1.2019

*このレポートは平成23年8月25日「赤ちゃんに安心なオーガニック・・・NO」の改訂です。