レッドルーム

National Football League(NFL)プロアメリカンフットボールのチームでは、試合前に選手はレッドルームと呼ばれる一色の部屋に入り、敵意を高揚させる怒鳴り声のシャワーを浴び、鼻から蒸気を吹き出すような戦闘モードになって、戦場である フールドに駆り出されてゆくといいます。この時の「」という色は、絶大な威力を発揮します。

 

 

 

 

 

スペインの闘牛でマタドールがひらめかすいマントも観客の興奮を呼び起こすのに最高の道具立てと云えます。当の牛には赤い色は識別できていません。では人間の眼が識別できる色の数はどれくらいのものでしょうか。なんと100万色と云われています。これ程までに色を感じ取れるということは、同時に色に心も身体も影響されているということになります。
真っ暗な部屋では、なにも色を感じません。薄明りでは、物の輪郭や陰影が見えるだけで無彩色の世界です。
光が強くなると物の色がはっきりと見えてきます。色とは物が発する波長をもった光のことで、その波長を色として感じている訳です。
色の波長は、380ナノメーターの紫色から780ナノメーターの赤色までの可視光線です。この光を振動数でみると赤色は300ギガHz(振動数/秒)紫色が3000ギガHzです。こうしてみると色は光の強力なエネルギーそのものといえます。エネルギーということになれば、たしかに人体に色々と影響することは容易に想像がつきます。

色は、体感温度に影響する。
赤、橙、黄は、暖色系で、温かく感じる。(火や太陽の色のイメージ)
青は、寒色系で冷たく感じる。(水や氷の色のイメージ)

色は、重量感に影響する。
黒、こげ茶色は、重く感じる
白、パステルカラーは、軽く感じる。

色は、奥行きの見え方に影響する。
赤、橙、黄は、手前に見える。
青は、離れて見える。

色は、凸凹感に影響する。
赤、橙、黄は、出っ張って見える。
青は、凹んで見える。

色は、表面積の見え方に影響する。
赤、橙、黄は、膨らんで見える。(拡散・遠心的)
青は、縮んで見える。 (収縮・求心的)

色は、時間感覚に影響する。
赤い環境にいると長く感じる。
青い環境にいると短く感じる。

色は、感じる速度に影響する。
赤、橙は、色を感じる時間が早い。(興奮する)
青は、色を感じる時間が遅い。(鎮静する)

色は、味覚に影響する。
甘みを感じる—ピンク色、    酸味を感じる—黄色、青色
塩みを感じる—白色、青色    苦みを感じる—茶色、黒
旨味を感じる—オレンジ色    コクを感じる—こげ茶、黒
<関連実験の結果>
色の違うカップで飲んだ同じコーヒーの味が違った。
濃い茶色のカップ —– 味、香りとも濃く感じた。
赤いカップ —– やや濃いと感じた。
青いカップ —– やや薄いと感じた。
黄色いカップ —– 薄いと感じた。

色は食欲に影響する。
赤、橙色は、食欲を増進させる。
青、紫色は、食欲を減退させる。

 

ライトトーナス値

以上の色の体感への影響は、眼から入った色の光で、色を見ると脳の視床下部が受け取り、神経系や内分泌系へ伝え、精神状態やホルモンバランスに作用してゆきます。
ところが、体の表面も色の影響を受けていることが判っています。

ロバート・ジェラード氏(アメリカ・カリフォルニア大学)は、実験対象の成人男性に目隠しして、体に赤、青の光を当てて、血圧、呼吸数、心拍数、脈拍数、まばたきの回数を計測しました。赤い光を当てると、血圧をはじめとするすべての数値が上昇しました。青い光の場合は逆に下降しました。この変化は何が作用しているのか調べましたが、どうやら体表面に光が当たると筋肉に作用し緊張が起こったり、弛緩したりするようだと考察しました。そして赤、青だけでなく、色んな色の光を当て、興奮、緊張、弛緩の段階で色を数値化しました。この数値をライトトーナス値と呼びます。

 

赤は興奮領域で値42としました。

橙色は値35、黄色は緊張領域で値30です。

緑が値28、青が弛緩領域で値24です。

そして最も筋肉が緩んだのは値23のベージュとパステルカラーでした。パステルカラーの中でも最も緩んだのはピンクでした。ベージュは、肌の色に近く、人間も保護色系が安心することを思わせます。ピンクは、母親の胎内にいた時の安心感が潜在意識に残っていると思うと納得できます。こう考えてゆくとピンクがかったベージュ色がもっともリラックスカラーということになります。このような色調の部屋にいることを想像すると、さぞかしゆったりできそうです。神経に触らない、色があることさえ忘れる、本当にニュートラルな空間だろうと思います。
そこではたと思い出しました。

15年ほど前にオーガニックコットン製のベージュ色の壁紙を製造して販売していました。当時、建材から出るホルマリンなど化学物質がアレルギー症の原因だということで安全な建築材料が求められました。ある時、オーガニックセンスを持った保育園でも使ってもらいました。カーテンもなにもかもベージュ色のカラーコットンで統一しました。すると、園児たちがとても落ち着き、お昼寝でも愚図る子がなくなったそうです。園長さんは驚いて、どうしてこのような事が起きるのか質問されました。やっぱりオーガニックコットンはいいんですねと、答えにならない返事をした覚えがあります。今から考えるとカラートーナスの効果だったようです。オーガニックコットンの茶色いカラーコットンのリラックス効果をこの数値で説明できます。

世界的にも稀少なカラーコットンをNOCのメンバー企業の㈱パノコトレーディングは、ペルーの現地農家の支援の為に20年来輸入し続けています。
染色などの化学処理をせずに生まれつきの茶色のオーガニック綿を使った生地で加工された洋服は、ストレスフリーで心地よさ100%の逸品という事になります。

 

かつてフジモリ政権時代、ゲリラの資金源のコカイン栽培の取り締まりの一環で、コカイン畑を別の作物に転換して、農民の生活を守る対策が取られました。この時、転換に貢献したのがオーガニックコットンと茶色いカラーコットンでした。パノコトレーディングは、これを積極的に買い入れ協力しました。この功績に対してペルー州政府から感謝状を授与されました。

 

 

日本オーガニックコットン流通機構                                                                                      顧問 宮嵜道男 (文責)

6.1.2018