日本オーガニックコットン流通機構は、オーガニックコットンの普及を目指す特定非営利活動法人です。化学物質過敏症の方々や、アトピー症の方々への情報提供や支援活動をしています。

NOC認定について

  • HOME »
  • NOC認定について

NOC認定

【NOC】日本オーガニックコットン流通機構が推進する有機栽培綿は、次の規定のもと製品化されています。

NOCコットン・4つの約束

No-Blend

NOC Official Factory

一般の綿と混ぜない

オーガニックコットンに一般綿を混ぜた場合、同種の繊維のためその混合率を検証することは不可能です。
そこで純粋性を守るため、一切混ぜないで製品化することにしました。
紡績工程でも、認定背景を明瞭にするために単一綿のみを使用して糸を加工しています。

No-chemical

NOC Official Farm

化学農薬を使用しない

機械化された大規模な綿花農場では、種の防虫剤、畑の除菌剤、化学肥料、除草剤、殺虫剤そして収穫段階では枯葉剤などと大量の農薬が使われます。
化学農薬は生態系を壊し、人の健康を傷め、土壌の活力を弱めます。
NOCコットンは、有機認証機関の下で、農薬を使わない有機栽培で育てられます。

No-Bleach

NOC Life

化学的な処理をしない

一般市販の製品は大量販売のため低価格と品質の維持を求め、幾重にも化学薬剤処理を行います。漂白から染色、柔軟剤、防縮剤、防しわ・形態安定剤などなど機能性や美観を追及します。ところが近年、アトピーアレルギー症や化学物質過敏症など化学物質が原因で体調を崩す患者が増えて社会問題化しています。
NOCコットンは、機能性や美観を求めるような化学処理はしません。生まれたままの綿の素晴らしさをそのまま製品として仕上げ、自然環境にも人の健康にも常に安全安心を心がけています。

No-Sweat

NOC Support

搾取的取引をしない(フェアトレード)

繊維製品の低価格競争の背景には搾取的取り引きの末、貧困に苦しむ生産者の姿があります。
NOCコットンは、インドやアフリカで展開されているフェアートレードプロジェクト(公正取引、経済支援)の産物を積極的に取り扱っています。

PAGETOP
© NPO・特定非営利活動法人 日本オーガニックコットン流通機構