top_ph01

3月13日、健康博覧会に行きました。天気が良く温暖でしたが、風が強く花粉が

飛んで目が痒く、くしゃみを連発しました。

オーガニックコットンは、メンバーの天衣無縫、㈱新藤さんが出展されていました。

会場は賑わっていて、ひっきりなしにお客様の対応をされていました。

 

健康博のテーマの傾向は、「健康長寿のためには身体を錆びさせない」ということのようです。身体が錆びるとは、「酸化」であって、活性酸素です。

展示会場の多くの会社は、体内に過剰に発生する活性酸素を、如何に減らすか、除去するかの健康食品やサプルメント、健康飲料製品をアピールしていました。

活性酸素は過剰になるとあらゆる病気の原因となり、老化の原因でもあります。

東京医科歯科大学の藤田紘一郎博士の講演のテーマも正にこの活性酸素のテーマでした。

アトピーアレルギーの原因も癌の原因も大ざっぱにみると身体の錆びと説明されていました。

活性酸素を溜めない5原則は「よく噛んで食べる」、「ゆっくり呼吸する」、「身体を温める」、「過激な運動を避ける」、「自然の中で生活する」です。

癌にならない方法も語られました。 癌の原因の70%は食べ物、30%は生活習慣と

心持ちということだそうです。

食べ物については、酵素や酵母の豊富な食べ物を積極的に食べることで、腸内細菌を豊かにする工夫が大事です。味噌や醤油、納豆、漬物、ヨーグルトなどの発酵食品、生野菜、キノコ、海藻、穀類、果物も自然の酵素が豊富です。

あとの30%の生活習慣は、自然に親しむ、笑って楽しく、適度な運動、規則正しい生活、ポジティブな思考習慣ということのようです。藤田先生は、これらを心掛ければ125歳まで長生きできるとニコニコして断言していました。

農薬も化学処理もなく仕上げられたNOCのオーガニックコットン製品は、「酸化」されず、心地よく、健康に良い製品になることは当然のことでしょう。

日本オーガニックコットン流通機構

宮嵜道男

平成25年3月13日